黒 ニンニク 副作用

【黒ニンニクの副作用】1日の摂取量とダメなタイミング

黒ニンニク 副作用

 

豊富な栄養をもつニンニクを熟成することで、さらに栄養が増加され完成する黒ニンニク。

 

しかし、黒ニンニクについて
「名前は聞いたことがあるけどあまり情報がないため、まだ食べたことがない」
という方が多くいらっしゃいます。

 

そこで今回は、黒ニンニクの副作用についてご紹介します。

 

注意すべき点はつぎの3点です。

・食べ過ぎ

・アレルギー
・控えたほうが良いタイミング

 

今回は、この点について安全に食べるためのアドバイスをご紹介します!

 

 

この記事でわかること。
・黒ニンニクの副作用は?
・最適な1日の摂取量は?
・控えたほうが良いタイミングは?
・安全な黒ニンニクの選び方は?

 

黒ニンニクの安全性や安全な食べ方に興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

今回ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

まずは、気になる「黒ニンニクの副作用」をご紹介します。

 

黒ニンニクの副作用や欠点は?

 

まず、あらかじめ知っておいていただきたいのは、
「黒ニンニクはニンニクよりはるかに安全」
ということです。

 

ニンニクを「切ったり」「すったり」すると、ニンニクに含まれる「アリイン」が「アリシン」という成分に変わります。

 

この「アリシン」は強い抗菌殺菌作用があるため、摂取し過ぎると腸内の悪い細菌だけでなく良い細菌まで殺してしまい「腹痛」「下痢」「頭痛」の原因になります。

 

しかし、しっかりと熟成の「温度」「期間」を研究して作られた黒ニンニクは、この「アリシン」がほとんど「S-アリルシステイン」という黒ニンニクを代表する有効な成分に変わってしまいます。

 

そのため、大変安全なのですが、それでも注意しておかなくてはいけないこともあるので、解説していきます。

 

 

アレルギーの危険性

黒ニンニク 「腹痛」「下痢」「頭痛」

 

ニンニクにアレルギーを持っている方は、黒ニンニクを食べた場合にもアレルギー症状が発生する可能性があります。
必ずお医者さんに相談してから黒ニンニクを利用するかどうか決めてください

 

 

食べ過ぎの危険性

 

黒ニンニクはニンニクに比べてはるかに安全なのですが、それでもまれに「腹痛」「下痢」のような症状を起こしてしまう場合があります。

 

はじめて黒ニンニクを食べる場合は決して食べすぎず1片だけ食べるようにしましょう。

 

 

黒ニンニク 単位

 

 

それで「腹痛」「下痢」のような症状がみられないようなら、2片以上食べるのもいいでしょう。

 

それでも食べ過ぎはおすすめしません。

 

1日の摂取目安は1~2片にしておきましょう。

 

ちゃんとした黒ニンニクなら1~2片で十分に効果があります。

 

わたしのおすすめの黒ニンニクはこちらの記事でご紹介しています

 

 

食べるのを控えたほうが良いタイミング

 

控えたほうが良いタイミングもご紹介しておきます。

 

黒ニンニクには、ニンニク同様、血液をサラサラにする作用があり、つぎのような効果が期待できます。
・血圧の低下(高血圧の改善)
・脳梗塞(脳の血管に血栓が詰まって起こる病気)の予防
・心筋梗塞(心臓の血管が詰まって起こる病気)の予防

 

しかし、手術や歯の治療がある場合や出血性疾患がある場合は逆に問題となる場合があるので、
そのような場合は気をつけてください。

 

※この他にもHIV感染の治療薬であるサキナビルの効果を阻害する作用があります

 

(参考:厚生労働省「統合医療」情報発信サイト「イージム」

 

 

 

安全な黒ニンニクの選び方

黒ニンニク 安全

 

ニンニクの成分の中でも、とくに有効な成分がもっとも増加する「熟成温度」「期間」をしっかり研究して作られた黒ニンニクを選ぶことが、効果だけでなく安全性から考えても大切です。

 

なぜなら、そのような黒ニンニクは「アリシン」がほとんどすべて「S-アリルシステイン」という安全で、そのうえ「元気」「健康」「若さ」に有効な成分に変わっているからです。

 

品質の良い黒ニンニクであればつぎのように成分が増加しています。

・S-アリルシステイン(疲労回復、老化予防、がん予防)・・・ニンニクの16倍

・ポリフェノール(老化予防)・・・ニンニクの6.3倍以上
・アルギニン(疲労回復、肥満改善、成長ホルモン促進)・・・ニンニクの3.5倍以上

 

 

黒ニンニクの有効な成分が増える温度帯は決まっています。

 

その温度帯から外れると見た目だけは「黒ニンニク」になりますがただ黒いだけで「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」「アルギニン」などの黒ニンニクを代表する成分はあまり増加しません。

 

 

そのため、

「アリシン」が残っているのに
有効成分をしっかり摂るためにたくさん食べなくてはいけない
つまり「アリシン」をたくさん摂ってしまうという悪循環が発生してしまいます!

 

 

黒ニンニクは、しっかりとした専門業者から購入しなくてはいけない理由がわかっていただけたと思います。

 

わたしのおすすめ黒にんにくはこちらの記事でご紹介しています

 

 

 

【黒ニンニクの副作用】1日の摂取量や控えたほうが良いタイミングは?

まとめ

 

今回の内容をまとめると次のようになります。

  1. 黒ニンニクはニンニクに比べて安全である
  2. それでも食べ過ぎは良くない
  3. ニンニクにアレルギーがある方はお医者に相談する
  4. 食べるのを控えた方がいいタイミングがある
  5. しっかりとした専門業者から購入すべき

 

 

黒ニンニクには、つぎのような素晴らしい効果があります。

1.疲労回復効果が白いニンニクの4倍

2.がん予防
3.免疫力の向上
4.老化予防(美肌効果)
5.スタミナアップ
6.滋養強壮
7.血液をサラサラに
8.動脈硬化を予防し血栓を防ぐ
・・・etc

 

ぜひ今回の記事を参考にして、安全で効果的に黒ニンニクをお試しください。

 

モンドセレクション金賞13年連続受賞!本当におすすめできる黒ニンニクはこちらの記事でご紹介!

 

 

⇒⇒⇒いますぐ最高品質の黒ニンニクを買いたい方はこちら

 

 

 

 

こんな記事もご紹介しています。